生活習慣を改善してAGA予防

生活習慣を改善してAGA予防

AGA(男性型脱毛症)の原因として、遺伝や男性ホルモンの異常があげられます。しかし、薄毛の遺伝子を持っていたとしても、必ず薄毛になるとは限りません。つまり、原因の他にも、さまざまな要因が複雑に絡みあった結果とも言えるでしょう。

 

特に生活習慣を改善することは、AGA予防に効果的です。適度な運動、規則正しい生活は、健康な体を作る基本です。食生活や栄養バランスの乱れは、内臓の機能を低下させます。そうすると、摂取した栄養のエネルギー変換がうまく行われなくなり、かろうじて作られたエネルギーは、生命維持に必要なところへ重点的に送られます。つまり、髪をつくるための栄養やエネルギーが頭部まで届けられません。

 

また、喫煙習慣、過度の飲酒、ストレスなどがある場合も、できるだけ改善しましょう。関係ないように思われがちですが、ストレスが原因で短期間で白髪や薄毛になることがあるように、血液循環の低下も良くありません。まずは生活習慣を整えた上で、薄毛の原因を引き起こす「5αリダクターゼ」を抑制し、AGA予防に効果的な栄養を積極的に摂るのがおすすめです。

 

ミネラルやビタミン、良質なタンパク質は髪を作る素になります。免疫力を高め、抜け毛を防ぐ亜鉛は、食事から摂取するぶんには過剰摂取になることはありません。特に卵、レバー、イワシなどに多く含まれます。銅には、貧血を防ぎ、髪の質を高める効果があります。銅は、アーモンド、そら豆、煎りゴマなどに多く含まれます。セレンは、細胞の癌化を抑制します。不足することで皮膚が乾燥し、抜け毛やフケが増えます。セレンは、牛乳、いわし、カツオなどに多く含まれます。健康な髪を育てるためには、野菜や肉、魚などをバランス良く食べることが重要です。

 

そして、髪の毛の成長は、睡眠中に起こります。睡眠不足の場合、抜け毛を防ぐ以前に、髪の成長が促されていない可能性があります。できるだけ良質な睡眠をとるように心がけましょう。基本的な生活習慣の改善を心がけることが、積極的なAGA予防になります。