水分補給でAGA予防

水分補給でAGA予防

男性にとっては切実な問題かもしれませんが、最近では若年層の人でも薄毛抜け毛などの症状に悩んでいる人が増加しています。このような症状は、基本的にはAGA(男性型脱毛症)と表現されるのですが、このような症状は、実は簡単なケアで発生率を格段に下げることができるようになってきました。

 

以前までは、遺伝的な要素が大きいという仮説から、薄毛になったらあきらめるしかないという風潮が広まっていました。しかし、最近では、頭皮の問題であっても遺伝的な要素だけが問題ではないという認識が広まっており、その影響で様々なケアの方法が確立してきています。

 

かなり難解なものもありますが、基本的なことを繰り返していくことで、簡単にAGAの予防ができるようになってきています。実は、頭皮の問題は、頭皮の状態の悪化にあります。毛が抜けてしまう原因は、頭皮が発毛に関して適切な環境にない場合が多いです。つまり、適切な環境を作ってあげることによって、予防がより効果的になります。

 

頭皮は、適度な水分と皮脂が混じっています。このバランスを壊してしまうと、頭皮にダメージが発生してしまうので、発毛に関しては悪影響を及ぼしてしまいます。ですから、適切な水分と脂質のバランスをとっていくことが大切になります。

 

予防の鍵は、水分補給をしっかりとすることです。人間は1日につき1.5〜2Lの水分を消費しています。つまり、それ以上の水分を摂取していかないと、水分量が不足してしまうということになります。水分量が不足した場合には、頭皮の皮脂の割合が過剰になってしまいます。

 

皮脂が多い場合には、代謝の影響のほうが強くなってしまうので、発毛の速度よりも脱毛の速度のほうが早くなってしまいます。その結果、毛量が減少してしまう結果になってしまうのです。ですから、頭皮の状態を改善するためにも、水分補給を徹底していくことが大切です。