AGA予防のためにお酒はほどほどに!

AGA予防のためにお酒はほどほどに!

成人男性の悩みの一つであるAGA(男性型脱毛症)は、予防することでその進行を抑えることができます。そもそもAGAとは、遺伝及び男性ホルモンの影響によって引き起こされるとされ、一度放置してしまうとどんどん進行してしまうといわれています。また原因はホルモンの活性化と遺伝だけでなく、生活習慣の悪化、体調の悪化にもあるといわれています。

 

そのため、生活習慣の改善という予防策をとることによって進行を抑え、早めの治療をすることが重要になってくるのです。

 

AGAの予防対策、すなわち生活習慣の改善策の一つに「お酒を飲みすぎないこと」が挙げられます。過度の飲酒は生活習慣の悪化を招くだけでなく、ホルモンバランスを崩してしまい、また体調にも変化をもたらすのでAGAの進行を早めてしまうからです。

 

また、お酒だけでなく、睡眠時間をしっかりとること、睡眠サイクルを安定的にすること、そして何より食事のケアが大事になってきます。育毛に良い栄養素を取り入れて、しっかりとした睡眠をとり、ストレスを軽減させれば、それが一番の予防になってくるんです。

 

お酒は百薬の長とも呼ばれることもあり、たしかに適量であれば体に良い効果をもたらすことがあります。適量のお酒でストレスが軽減され、AGA進行が抑えられる可能性もありますが、過度の飲酒は禁物です。AGAはホルモンの活性化だけでなく、体調不良によっても引き起こされるものなので、過度の飲酒により体調が悪化してしまえばたちまちAGAが進行してしまうことにもなりかねません。

 

もちろん全面的に禁酒をすることでストレスがたまってしまっては、それがAGAの原因にもなってしまいかねないのでお勧めはしませんが、「お酒はほどほど」がAGA予防の第一歩となることでしょう。