禁煙してAGA予防

禁煙してAGA予防

 

男性特有の薄毛症状であるAGAを予防するというような場合には、日常生活を改善していくことが何よりも重要になってきます。AGAで薄くなっていく髪の毛は日々食べる物の栄養によって作られており、日々のストレスなどの影響を多大に受けるからです。

 

そして、AGAの予防をしたいという人にとって特に重要になる生活習慣の一つとなるのが「タバコ」です。タバコはガンなどの病気を引き起こすリスクになるということはよく知られていますが、これはAGAの症状も同様です。予防をしていくのであれば、まず禁煙をすることが重要になります。

 

では、なぜタバコを吸うとAGAが進行するのかと言うと、まずタバコを吸うと「ビタミンの消費」が発生します。消費されるビタミンとしてはビタミンCが特に有名で、タバコによる肌荒れなどはこのビタミンCの消費が原因とされていました。しかし実際には、ビタミンB群やEといったようなビタミンも喫煙により消費してしまうんです。これらのビタミンはどれも髪の毛の健康を維持するために必要不可欠なものですから、喫煙によってAGAが進行してしまうことになります。

 

また、タバコに含まれるニコチンにも注意が必要です。ニコチンには血管を収縮させる作用があり、これによって喫煙時に立ちくらみのような独特の感覚が出ることがあります。この「血管の収縮」は「血行が悪くなる」と言い換えることもできるのですが、頭皮の血行が悪くなってしまうと、髪の毛に行き届くはずの栄養素が行き届かなくなってしまうんです。

 

加えて慢性的に血管が細い状況が続いてしまうと、心臓は必要なだけの血液を送るためにより強い力で血液を血管に流し始めます。そうなると高い圧力で血液が流し込まれることによって血管が痛み、血管自体の品質が悪くなっていってしまいます。育毛のためにサプリなどを飲んでいる人もいると思いますが、同時にタバコを吸ってしまっていると喫煙で消費された分を補給すると言う効果しか期待できなくなってしまいます。喫煙に慣れた体が元に戻るには長い時間がかかりますから、もしタバコを吸っている人がAGA予防を始めるのであれば、まず最初に禁煙を目標にするべきと言えるでしょう。