睡眠を改善してAGA予防

睡眠を改善してAGA予防

AGAは治療薬があって改善していくことが可能ですが、この原因は遺伝によるものや男性ホルモンが関与しているといわれています。AGAの症状が出てしまうと、少しずつ薄毛が進行していってしまいます。なので、AGAになってしまう前に予防をしておくことも大切です。

 

睡眠のゴールデンタイム

AGAを予防する方法の1つにしっかり睡眠をとるというのがあります。睡眠が抜け毛とどう関係あるのかと思われがちですが、睡眠は成長ホルモンととても深い関係があります。睡眠の時間帯や睡眠時間が髪の毛の成長に関与してしていると言われています。22時から2時頃はゴールデンタイムといわれていて、この時間に眠っていることは重要なのだと考えられています。ゴールデンタイムには成長ホルモンが分泌されていて、肌が受けたダメージの回復をするだけではなく、髪や頭皮のダメージも同じように回復しようとするからです。

 

睡眠は5時間以上を確保しよう

また、睡眠は5時間以上とることが理想とされていて、これは体だけではなく髪にも良い影響を与えます。寝不足が続いてしまうと血行不良が起きます。これによって健康も損なわれ、髪のコンディションも落ちてしまいます。血行不良が起きてしまう理由は交感神経が活発になって血管が収縮してしまうからです。

 

人は眠っている間に体の疲れを癒し、心もリラックスさせますが、寝る時間が少ないとこれも満足にできなくなります。髪の抜け毛の原因の1つにはストレスがあるといわれてますから、ストレス解消のためにも睡眠をしっかりととることが大切です。血行不良の状態では頭皮も固くなってしまうので髪の毛が生えにくくなります。AGAの予防にはいろんな方法がありますが、簡単にすぐに始められるものとしてまず良質の睡眠の確保をしてみるのがオススメです。