AGAの原因

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)は、30代以降の成人男性によく見られる症状で、額の生え際から交代していくタイプや頭頂部から薄くなるタイプ、混合タイプなど様々な脱毛の進行パターンがあります。

 

AGAの主な原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と考えられています。先天的遺伝的原因よりも後天的環境原因により発生することが多いです。

 

男性ホルモンの増加自体がAGAの直接の原因ではなく、ヘアサイクルの成長期を短くする物質と考えられている「ジヒドロテストステロン」が増えたことによるものです。

 

 

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンであるテストステロンから作られます。男性ホルモンに「5αリダクターゼ」という酵素が関係することで、ジヒドロテストステロンになります。ジヒドロテストステロンが男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛部に原因物質であるジヒドロテストステロンが高濃度になり、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうため、細く短い毛が多くなり、薄毛が目立つようになります。

 

また、AGAの原因にはストレスもあります。仕事や家庭、人間関係などもストレスの一因に挙げられますが、毛髪のことで悩むこと自体がストレスになっている場合もあります。

 

ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスが崩れるため、過剰な血管の収縮を招き血行が悪くなります。そのため、毛根に十分な栄養が運ばれなくなり、毛髪の成長が妨げられます。

 

また、ストレスによりコラーゲン不足になることがあります。コラーゲンが不足すると毛母細胞への変化が促進されますが、分裂が抑制されてしまうため、一時的に髪は伸びても結果として毛母細胞の数が減少し、髪が細くなり伸びなくなります。

 

他にも、生活習慣が原因のこともあります。ビタミンや亜鉛など髪の成長に必要な栄養が摂れない不規則な食生活やミネラルや亜鉛をアルコール分解に消費してしまう過度の飲酒、血管を収縮させ、血流を悪化させる喫煙習慣、運動不足、睡眠不足などが日常的になることでAGAになりやすくなると言われています。