正常時とAGAのヘアサイクルの違い

正常時とAGAのヘアサイクルの違い

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの影響や遺伝的なもの、ストレスや生活環境などの関わりによって、薄毛や抜け毛が起きる状態のことをいいます。

 

髪の毛にはヘアサイクルがあり、AGAになると正常なヘアサイクルから変わってきます。正常なヘアサイクルの場合、成長期、退行期、休止期を繰り返していきます。

 

成長期とは、髪の毛の元となる母細胞が分裂を始めて、髪の毛を成長させる時期です。通常、男性の場合2年〜6年ほどあり、髪の毛の80%〜90%が成長期にあたります。この間、髪の毛は伸びていき、毛球は太くなっていきます。成長期が終わると退行期に入ります。

 

退行期には、成長期で太くなった毛球が退化していき、母細胞の活動も弱まっていきます。髪の毛の1%が2〜3週間かけて退行していきます。その後、休止期が始まります。

 

休止期とは、髪の毛が頭皮に留まっているだけの状態で、母細胞の活動が休止している時期のことをいいます。髪の毛の10%〜15%がこの休止している期間にあたり、2ヶ月〜4ヶ月ほどの期間が過ぎると抜け落ちていきます。

 

このヘアサイクルを繰り返して健康な髪の毛が生え変わっていくんです。しかし、AGAの場合は、成長期がないヘアサイクルになってしまっているため、退行期が過ぎて休止期になって抜け落ちても、新しい髪の毛が生えてこなくなります。そのため薄毛が進んでいってしまうことになります。

 

この乱れたヘアサイクルを戻すためには、しっかりとした治療を行うことが大切です。AGAは人によって原因が異なるため、治療法も人それぞれになります。

 

まずは生活習慣の見直しやストレスのない生活を心がけることが重要ですが、専門のクリニックもあり、薬物での治療も一般的になってきています。

 

AGAの治療は進行が進む前に、早期治療を行うことで、効果が早く実感でき、期間や費用も抑えることができます。健康な髪の毛を保つためにも、一度クリニックや専門医療機関に相談してみると良いかもしれませんね。

 

AGA治療のできる専門クリニック一覧

クリニック

特徴


ルネッサンスクリニック

ルネッサンスクリニックは、投薬から自毛植毛まで対応しているAGAの総合治療クリニックです。全国主要都市にクリニックがあります。体験者の満足度が非常に高いのが特徴です。また、症例写真も多数(1300件以上)掲載されているので参考にしてみると良いかもしれません。


銀クリAGA.com

銀座総合美容クリニックは、東京での患者数がNO1です。治療費も他のクリニックに比べて比較的安いというのが特徴です。ただし、店舗が1店舗のみなので、地方の人が通院するのは少し大変かもしれません。関東にお住まいの人におすすめのクリニックです。


AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、全国31ヶ所にクリニックを展開するAGA治療の専門クリニックです。発毛実感率が99.4%と高いのが特徴です。また、ドクター自身が毎日使用しているオリジナルの治療薬は、他にはない特徴とも言えるでしょう。