プロペシアがAGAに効果的な理由

プロペシアがAGAに効果的な理由

プロペシアはAGAの治療に高い効果を発揮するとして、薄毛に悩む人たちから大きな注目を集めている医薬品です。AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語では男性型脱毛症と言います。

 

 

このAGAは30代以降の男性に多くみられる症状で、主に男性ホルモンの増大が原因となり、額の生え際か頭頂部、場合によってはその両方から脱毛が進んでいく症状のことを指します。(その名称から男性に特有の症状と思われるかも知れませんが、女性にも生じることがあります。)

 

現在、日本人の成人男性のおよそ三分の一とも言われる、とても多くの人が薄毛の症状を抱えているため、その対策となる商品やサービスが開発されて来ました。例えばカツラや植毛のように体の外側から人工物を付け足す方法の他に、育毛剤や育毛シャンプーの使用によって髪の毛が増えることを期待する方法もあります。

 

育毛剤や育毛シャンプーを使用することによって、頭皮の血流が促進することで、発毛を期待することは有効とは言えます。しかし、男性の薄毛の原因の大きな割合を占めるAGAの根本的な改善のためには、それらの方法だけでは十分とは言えないんです。

 

AGAの治療のためには、髪の毛が太く成長する前に抜け落ちる原因となる、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの生成を抑制することが重要です。

 

プロペシアは元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたものでしたが、その研究の中でAGAの改善に効果があるということが分かり、薄毛の治療薬として広く用いられるようになりました。

 

プロペシアに配合されている成分の中で、AGAの改善に効果を発揮するのはフィナステリドと言う成分です。このフィナステリドが、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きを持っているんです。

 

現在、プロペシアは副作用の心配も少ないことから、ミノキシジルと共にAGAの治療薬として多くのクリニックなどで処方されるようになっています。しかし、医療機関の処方ではなく海外の通販などでこれを購入するという方法は、偽物を買ってしまう危険性もあるので注意が必要です。

 

おすすめは、クリニックで処方してもらう事ですが、プロペシアを処方している国内のクリニックには、ルネッサンスクリニックAGAスキンクリニックなどあります。