AGA治療のHARG療法とは

AGA治療のHARG療法とは

HARG療法とは、薄毛やAGA(男性型脱毛症)を改善する毛髪再生治療のことです。

 

HARG療法は、脂肪幹細胞から抽出した成長因子である幹細胞抽出増殖因子たんぱく質やビタミン類、アミノ酸などの、毛髪が成長するために必要な栄養素をブレンドしたHARGカクテルというものを頭皮に注入して毛周期サイクル正常化させることで、髪が生えて成長しやすいようになるので、薄毛が改善されます。HARGカクテルには、アレルギーを起こす可能性のある物質は含まれていないので、育毛剤のような副作用は起こりにくく、安全に使用できます。

 

HARGカクテルを注入する方法には、注射針によってHRAGカクテルを注入するパピュール法や、フラクショナルレーザーを頭皮に照射して極小さな穴を開け、そこへHARGカクテルを浸透させるフラクショナルレーザー法、頭皮表皮にHARGカクテルを注射するナパージュ法、極細の針が付いた医療用のダーマローラーを頭皮に使用し、HARGカクテルを浸透させるダーマローラー法などがあり、治療方法によっては、若干痛みが出る場合もあります。

 

薄毛やAGA治療では、AGA治療薬のプロペシアが使用されますが、女性はプロペシアを使用することができません。しかし、HARG療法はAGA治療と違い、男性だけでなく女性も安全に受けることができます。効果が現れるまでに個人差があるものの、3ヵ月から8か月ほどかかるため、5回から10回程度の通院、治療が必要となることが多いようです。

 

HARG療法は、治療方法にもよりますが、ダウンタイムや副作用はほとんどなく、翌日から洗髪が可能な場合があり、メリットが多いのです。また、治療にかかる費用は、治療する範囲の広さにもよりますが、頭部全体に治療を行う場合は、1回10万円程度かかるのが一般的です。一回の治療ではすぐに効果が出ないため、複数回にわたって治療が必要となるため、総額が高くなってしまうというデメリットもあります。

 

国内で、HARG療法を行っているクリニックには、栄セントラルクリニック横浜中央クリニック大宮中央クリニックなどがあります。