AGAの主な症状

AGAの主な症状

薄毛の悩みは多くの男性が抱えています。以前であれば薄毛は加齢に伴う男性の悩みというイメージがありましたが、最近は若年層に薄毛が増加しており、幅広い世代で共通する男性の悩みと言えます。

 

また、それと同時に育毛シャンプーなどで育毛ケアを真剣に取り組む人も増えています。近年は、テレビコマーシャルなどでAGAの認知度が上がってきていることもあり、薄毛は改善することができるものという認識も高まってきています。

 

AGAは男性型脱毛症といわれ、色々な要因により、脱毛が起こる状態をいいます。AGAの主な原因は男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)の作用によるものが考えられています。薄毛に悩む人の中にも、自分がAGAであるかどうかが分らないという人は珍しくありません。専門のクリニックで医師の診断を受けないと確定的なことは分りずらいからです。(そういった方の場合は、AGAの特徴的な症状に当てはまるかどうかを一度自己チェックすることをおすすめします。)

 

AGAの主な症状にはいくつかあります。まず、おでこの生え際や頭頂部などに薄毛が目立つようになったというのが、分りやすいです。その他に、おでこが広がってきた、抜け毛が増えた、短い髪の毛が抜けてしまうことが増えたといった症状があります。

 

薄毛の原因は、もちろんAGAだけではありません。例えば、職場でのストレスや寝不足、極端な偏食やインスタント食品中心の食生活などによって薄毛になっている場合もあります。こういった生活習慣がないのにもかかわらず薄毛が加速しているというような場合には、AGAを疑ってみる必要があるでしょう。

 

いずれにしても、AGAが疑われる場合には、専門のクリニックへ行って診断を受けることをおすすめしますが、クリニックに行きづらい、行く時間がないというような方の場合は、【AGAドック】という遺伝子検査キットがありますので、そういったものを使用することも可能です。