カラーリングは抜け毛の原因になる

カラーリングは抜け毛の原因になる

最近では、男性でもカラーリングをする人が一般的になりましたが、実は、カラーリングが抜け毛の原因になるというのは事実です。そもそもカラーリングは、人の髪を自由自在に自分の好きなように染め、お洒落を楽しんだり、白髪を目立たないようにする為に行われています。

 

しかし、髪を染めるのに使用する薬剤は、髪に何らかの影響を与え、髪だけでなく頭皮にまで影響を与えてしまいます。その為、繰り返しカラーリングの行われた髪、頭皮は痛み、抜け毛などの症状を引き起こしてしまうんです。

 

カラーリングの方法は色々ありますが、基本的には髪のキューティクルを化学液体で剥がし、髪色の成分に自分の好きな色の化学液体を流して染色しています。その為、本来の髪の色を強制的に剥がし、他の色で染色している為、髪への負担はかなりかかります。

 

さらに、その化学液体は、酸性とアルカリ性の二種類を使用する為、髪だけでなく頭皮にまで何らかの影響を及ぼすと言われているんです。

 

ただし、最近ではこれらの事に注目し、オーガニック成分で頭皮に優しい薬剤を使用する美容院も見られるようになりました。そういった美容院でのカラーリングは比較的ダメージを与えにくく、抜け毛などの症状を軽減することが出来ると言われています。

 

もちろん、抜け毛が気になる人はできるだけカラーリングを避けた方が賢明ですが、どうしてもカラーリングをしたい時は、髪を染める際の薬剤にも目を向け、少しでも頭皮に負担がかかりにくい美容院を見つけることをお勧めします。

 

市販の薬剤に関しては、どういった薬剤を使用しているのかをしっかりとチェックした上で使用することが大切です。さらに出来るだけ頭皮にまで薬剤を塗らないように心がける事も大切です。