秋は抜け毛の季節?

秋は抜け毛の季節?

秋は抜け毛の季節とよく言われます。これは、夏に浴びた紫外線のダメージや、疲れ、季節の変わり目といった刺激から、髪の毛が抜けやすい季節であることが分かっています。

 

しかし、髪の毛の生え変わりにおいて、抜け毛というのは正常なプロセスでもあります。生え変わりは、ヘアサイクル(毛周期)と呼ばれます。髪の毛がぐんぐん成長する成長期から、退行期、そして活動が止まる休止期になり、抜け落ちていきます。

 

抜け落ちた髪の毛の下には、新しい細胞ができていますが、髪の毛が減ってしまう状態では、新しい細胞が作られません。

 

人間の毛周期は男性の場合は2〜6年、女性の場合は4〜7年ぐらいの期間です。個人差はありますが、髪の毛は一人当たり約15万本生えていて、1日に50本程度抜けています。100本までは自然な抜け毛と言えますが、200本を超える時は注意が必要です。(と言っても、自分の髪が200本抜けたということを数える訳にもいかないと思いますので、この辺は感覚です。)

 

秋の抜け毛は夏に浴びた紫外線のダメージなどによる一時的なものですが、冬になっても抜け毛が止まらない時は、発毛のためにケアが必要です。

 

発毛ケアというと、育毛剤の使用を思い浮かべると思いますが、髪の毛は頭皮から生えてくるために、まずは頭皮環境を健康な状態にしなければいけません。

 

そのためには、規則正しい生活をすることが大切です。バランスの良い食事を三食きちんと食べることで、髪の毛や頭皮の栄養になります。

 

市販のシャンプーのように洗浄力が強すぎると、刺激になってしまうので、適度な洗浄力のものを選び、すすぎをしっかり行いましょう。シャンプーが頭皮に残っていると、毛穴を詰まらせてしまう原因になり、発毛に悪い影響が出てしまいます。

 

抜け毛が季節性のものか、そうでないかは、抜けた毛の状態を見ることで分かります。短い毛や細い毛が抜けてしまったり、毛の先に毛根がついているような場合は、成長途中の髪の毛が抜けてしまっている証拠です。自分でできるケアを行い、抜け毛を防ぐ必要があります。