抜け毛とフケ症の関係

抜け毛とフケ症の関係

フケ症の場合ですと抜け毛が増えてしまう事がありますが、フケ症と抜け毛にはどういった関係性があるのか確認してみましょう。

 

まず、フケというのは剥がれた角質の事ですが、要は身体で言うところの垢のような存在です。頭皮は新陳代謝を行い古い角質から新しい角質に生まれ変わりますので、フケが出るのは自然とも言えますが、通常はシャンプーを行った際に取り除く事ができます。

 

しかしながら、シャンプーを疎かにしてしまうと頭皮にフケが蓄積してしまいますし、フケ症の状態ですと毛穴をフケが埋めてしまい、抜け毛の発生を促進してしまう恐れがあります。

 

その為、フケ症の場合はまずシャンプーをきちんと行わなければいけません。しかし、時にはシャンプーがフケ症の発生原因になっている事もあるんです。シャンプーを行った場合、過剰に皮脂が奪われてしまう事がありますが、皮脂量が減ってしまう事によって頭皮が乾燥し易くなりますし、頭皮の乾燥もフケと関係があります。

 

乾燥している状態ですと頭皮環境が悪くなりますので、角質の剥がれを促進してしまい、フケを多く出してしまう原因になります。

 

例えば、フケを出さない為に過剰にシャンプーを行う方も珍しくありませんが、過剰なシャンプーによって却ってフケの発生を助長している事もあるんです。

 

他にも抜け毛とフケ症の関係性として、頭皮の病気も挙げられます。頭皮の病気の一つに脂漏性皮膚炎がありますが、これはカビが関与している病気の事です。誰でも持っているマラセチア菌が何らかの原因によって増加すると、頭皮を刺激してしまい脂漏性皮膚炎になってしまいます。

 

そして、脂漏性皮膚炎になってしまう事で頭皮環境が悪くなってしまいますし、抜け毛を促進する原因になる事もあります。脂漏性皮膚炎が発症している場合もフケ症になりますので、フケが多くなってきた時には疑ってみる必要があると言えます。

 

フケは頭皮環境が悪くなっているサインでもありますので、見逃さない事が大切です。

 

↓↓日本初!フケを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー↓↓