増毛のデメリット

増毛のデメリット

増毛をするうえでデメリットについても知っておく必要があると思いますから、増毛のデメリットについて紹介したいと思います。

 

まず、増毛のデメリットとしては髪の毛が伸びるにつれて増毛した部分の結び目が根元からだんだん上に移動してしまって自毛が伸びれば伸びるほどヘアスタイルが崩れてしまうというデメリットがあります。

 

こうなってしまうと増毛の結び目を根元の部分に移動させないといけませんから、メンテナンスとしては3か月に一回は増毛に通わないといけません。

 

そして、増毛の大きなのデメリットとしては自毛が残っていない場合には、増毛することができませんから、増毛をしたいと考えている人は自毛がある人でないとできないデメリットがあります。

 

また、増毛は自毛1本に対して数本結びつけますから、自毛自体が弱っている場合には、抜けてしまって薄毛を進行させる恐れがあるというデメリットもあります。

 

増毛した部分は自分でははずすことができませんし、はずす場合には時間的に2時間以上はかかってしまいますから、増毛をしてもすぐに辞めたいと思った場合には時間もお金もかかることになります。

 

増毛をする場合は、このようなデメリットも含めて検討するようにした方が良いと思います。